胎児のことを考えて妊活中からはぐくみ葉酸を服用しよう

HOME>オススメ情報>はぐくみ葉酸を服用して母子の健康を守ろう!

妊娠中に必要な葉酸

葉酸は身体の発育に重要な栄養素となっており、また妊娠中に欠かせない栄養素の一つです。もし妊娠中に葉酸が不足してしまうと胎児の発育に影響を及ぼし、無脳症や神経管閉鎖障害を引き起こすこともあるでしょう。そのため、妊娠中は葉酸は摂取すべき栄養素だと言われているのです。ですが、普段の食事から必要な量を摂取するのは難しいためはぐくみ葉酸を服用することが望ましいと言えます。

はぐくみ葉酸に関する疑問

一日どれくらい摂取すれば良いですか?

はぐくみ葉酸は3粒で400マイクログラム摂取することができるのですが、妊活中は640マイクログラム、妊娠中は480マイクログラムが推奨量となっているため不足分は食事で補うようにしましょう。間違ってもはぐくみ葉酸を一日4粒以上服用しないことが大切です。

はぐくみ葉酸に副作用はありますか?

葉酸は一日1000マイクログラムが上限摂取量と言われています。それを超えてしまうと葉酸過敏症になり吐き気や発疹、呼吸障害を引き起こす可能性がありますが、基本的には用法用量を守って服用すれば副作用はないと言えるでしょう。

つわりがひどい時も服用した方が良いですか?

つわりがひどい場合も服用することをオススメします。つわりがひどくて飲めないという場合、落ち着いたタイミングで服用する他にもぬるま湯と一緒に飲むと良いでしょう。空腹によるつわりがある場合は食後に、食後につわりが起こりやすい人は食前など飲むタイミングも工夫すると良いです。

妊婦

積極的に摂取したい葉酸

葉酸は妊娠に気づいてから摂取するという人が多いのですが、妊活をしている方は妊活中から摂取するようにしましょう。葉酸は妊娠の一ヶ月前から妊娠三ヶ月までが一番必要な時期となっており、葉酸欠乏している状態のまま妊娠してしまうと胎児の先天性異常を招く恐れがあります。特に生理不順の人の場合、一ヶ月や二ヶ月生理が遅れていても妊娠に気づかないこともあるでしょう。葉酸をベストなタイミングで服用しておくことで神経管閉鎖障害リスクを70パーセントも減らせることがわかっているので、妊活をしているのであれば日頃から摂取するのが望ましいと言えます。また、女性だけではなく男性も葉酸を摂取することにより精子の染色体異常リスクを下げることが可能です。

安全性が高いはぐくみ葉酸

妊娠というのはとてもデリケートなもので、自身の身体だけでなく胎児のことも考えなければなりません。そのため、葉酸を摂取するのであれば安全性の高いものを選ぶように注意しましょう。人気を集めているはぐくみ葉酸は国内製造で徹底した品質管理がなされているため安全性が高いと言えます。また、オーガニック食材で作られているので原材料も安心ですし、ミネラルが配合されているので葉酸だけでなくミネラルも摂取することが可能です。

広告募集中